生活習慣

寝る前のコーヒーは止めた方がいい?

寝る前のコーヒー

寝る前のコーヒーは止めた方がいい?

寝る前のコーヒーは、睡眠のことを考えると、やはり止めておいた方が良さそうです。

コーヒーをはじめ、緑茶や紅茶に多く含まれるカフェインに、中枢神経全体を興奮させ、眠気を覚ます作用があるからです。

カフェイン

植物に含まれる含窒素化合物をアルカロイドといいます。
カフェインも、アルカロイドの仲間に入ります。
アルカロイドには、他にも、チョコレートに含まれるテオブロミン、タバコのニコチンなどがあります。

タバコが眠りを浅くする!寝る前の一本に注意

中枢神経が刺激されると、

  • 心臓の動きが強まる
  • 目が覚める(覚醒作用)
  • 胃酸の分泌量が増える
  • 尿の量が増える
  • 血流がよくなる
  • 知的作業がはかどる

などの効果が現われます。

この内、コーヒーによる覚醒作用は、4~5時間も持続するため、寝る前に飲むと目が覚めてしまいます。

また、カフェインには尿の量を増やす作用もあります。

寝る前にたくさん水分を飲んだときのように、おしっこの量が増えると、夜中にトイレに起きる回数もおのずと増えます。

睡眠の途中で目が覚めることにつながってしまうので、睡眠の質にも影響がでてきます。

睡眠の質を下げないためにも、カフェインの多いコーヒー、緑茶などは、寝る前の摂取は控えた方がよいでしょう。

寝る前のコーヒーもタイミング次第で良い目覚めに

コーヒーは飲むタイミングによっては、スッキリ目覚めるのに役立ちます。

但し、夜、ぐっすり眠りたいときではなく、仮眠や、昼寝をする場合です。

カフェインは、飲んでから、血中濃度が高まって脳に届くまでに、20分~30分かかるとされています。

そのため、仮眠や昼寝をする前に、コーヒーなどのカフェインを含む飲み物を摂っておくと、スッキリ目覚めることができます。

20分~30分程度の仮眠や昼寝をとるなら、ちょうど、起きるタイミングで、カフェインの覚醒作用が現われるというわけです。

寝る前のコーヒー

その他にも、コーヒーなどに含まれるカフェインには、中枢神経を刺激し、活発な活動を促進する効果もあります。

血流が良くなるので、大脳への血流も良くなり、知的作業がはかどります。

仮眠や昼寝のあと、再び仕事や勉強などの作業を再開しなければならないときには都合がよいでしょう。

寝る前のコーヒーは、飲むタイミング次第で、その効果を上手く利用することができそうです。

寝る前のコーヒーはカフェインレスを

夜でも気にせずコーヒーが飲みたいという方に、おすすめのカフェインレスコーヒーがありますのでご紹介します。

おいしいコーヒーを追求してきたブルックスが自信を持って開発したカフェインレスコーヒー「カフェサプリGABA」です。

カフェサプリGABAは、カフェインゼロではありませんが、通常のコーヒーからカフェインを97%以上カットしています。

また、「カフェサプリGABA」1杯で、100ミリグラムのGABAを摂取できます。

GABAの働きで、睡眠の質を向上してくれるので、睡眠にお悩みをもつ方におすすめです。

GABAの働き


GABAには、次の3つの機能があると報告されています。

  • 睡眠の質(眠りの深さ)の向上に役立つ機能
  • スッキリとした目覚めをサポートする機能
  • デスクワークなどの精神的ストレスがかかる作業によって生じる一時的な疲労感を緩和する機能

カフェサプリGABAは、カフェインレスで就寝前にもコーヒーを楽しむことができるだけでなく、睡眠の質の向上までサポートしてくれるコーヒーなんです。

寝る前のコーヒーをお試しできる

今なら、7日分のお試しセットのキャンペーン中です。

カフェサプリGABA7袋を税込980円・送料無料でお試しできます。

是非、この機会にトライしてみてはいかがでしょうか。

カフェサプリGABA

カフェサプリGABAは1杯にGABAを100mg配合。GABAの働きで、睡眠の質を向上、スッキリした目覚めをサポートしてくれます。カフェインレスだから就寝前にも楽しめます。厳選したコーヒー豆を使用して味わいにもこだわった機能性表示食品です。

  • 今なら7日分980円送料無料でお試しできる
  • 1杯でGABA100mgを摂取できる
  • カフェインレスだから就寝前にも楽しめる
  • 睡眠の質を向上させたい方に
  • 厳選したコーヒー豆を使用

-生活習慣

© 2021 快眠サポート.com