体内時計

体内時計をリセットする食事を規則正しく!体内時計を整えて快眠へ

朝食

体内時計をリセットする食事を規則正しく

日中活動して、夜になると眠る

このリズムは、体内時計に従って制御されています。

人間の体内時計は、脳の中の視床下部にある視交叉上核(しこうさじょうかく)というところにあります。

体内時計

そして、体内時計は、視神経から入った光の情報に基づいて、一日周期でリズムを刻んでいます。

体内時計は25時間のリズムを刻んでいる?

この「光の情報」というのが、起床時に浴びる太陽の光です。

起床時に、太陽の光を浴びることによって、体内時計はリセットされ、また新たな一日のリズムを刻み始めます。

体内時計をリセットする因子は食事にもある

体内時計は、光によってだけではなく、食事の影響も受けています。

決まった時間に規則正しく食事をとることは、人間の体内時計を整えるのに役立ちます。

遅い夕食が原因で快眠できない可能性がある

特に、体を目覚めさせる「朝食」は重要!

朝食を摂ることで、体の臓器も目覚めさせることができます。

朝食を摂ると、胃腸も活発に動き出します。

また、よく噛んで食べることで、脳に刺激を伝えることもできます。

午前中に活動するエネルギー源にもなるので、忙しくても、朝食は抜かないようにすることが大切です。

朝食を食べる

朝食で体内時計をリセット

不規則な生活やストレスなど、何らかの理由で乱れてしまった体内時計は、睡眠のリズムにも悪影響を及ぼします。

そのため、光の情報と同じく、体内時計の調整役を担っている食事(朝食)は、心地よい眠りを得るための重要なポイントということができます。

ストレスで眠れない!睡眠不足が続くときはどうすればいい?

体内時計をリセットする朝の食事

体内時計をリセットする朝の食事には、脳のエネルギー源にもなる糖質を補給しましょう。

糖質は、からだや脳を動かす即効性の高いエネルギー源です。

また、体を働かせるために必要なホルモンや酵素、免疫細胞の基になるたんぱく質も摂りましょう。

たんぱく質は筋肉や内臓、髪、爪などを構成する成分です。

たんぱく質は体内ではアミノ酸となり、これが細胞の基本成分です。

体内時計をリセットするおすすめの朝食

朝食には、糖質とたんぱく質を含んだバランスの良いメニューを摂るように心がけましょう。

忙しくて朝食をとる時間がないという方も、何も食べないという選択ではなく、体内時計を整えるためにも、バナナぐらいは食べて欲しいところです。

忙しくて時間がなくても、バナナなら素早く食べることができて、腹持ちもいいです。

バナナは1本約86キロカロリー。

ご飯にしてお茶碗半分ぐらいのカロリーをとることができます。

バナナには、ビタミンやミネラル、食物繊維もバランスよく含まれていて、さらにヨーグルトをプラスすれば、整腸作用も期待できておすすめです。

夜、寝付きが悪くなったり、朝、起きるのがつらかったり、体内時計がずれたのではないかと感じたら、太陽の光を浴び、朝食をとることで、体に朝が来たことを知らせ、体内時計をリセットさせましょう。

夜コーヒー飲みたいならコレ!夜ぐっすりのコーヒーが登場

-体内時計

© 2021 快眠サポート.com