生活習慣

睡眠と入浴の関係は?快眠のための入浴法

睡眠と入浴

睡眠と入浴の関係

睡眠も入浴も、体を癒やす時間帯。

入浴との相乗効果で、質の良い睡眠をとることができます。

そのためには入浴のタイミングがとても大切です。

というのも、睡眠は、体温の変化と深い関わりがあるからなのです。

人は、深部体温が下がると眠くなります。

深部体温とは


深部体温とは、脳や内臓などの体の内部の温度のこと。

深部体温は、朝から夕方に向けて高くなっていき、夜から朝にかけて下がっていくというリズムがある。

深部体温が下降期にあるほど眠りやすく、上昇期には眠りにくくなる。

入浴によって体温が上がり血流が良くなると、末梢血管が広がり、手足から熱が放散され、深部体温が下がります。

深部体温が下がると、自律神経の副交感神経が優位となり、だんだんと眠くなっていきます。

入浴によって体温を上げておくと、なにもしないときよりも、深部体温の低下幅が大きくなるので、睡眠への効果がより大きくなります。

つまり、入浴によって、就寝前の体温を一時的に上げておくことが、寝付きがよくなるポイントになるのです。

しかし、ただ単に、お風呂に入って体を温めればいいというわけではありません。

入浴を質のよい睡眠につなげるためには、入浴のタイミングやお湯の温度に気をつける必要があります。

睡眠と入浴のタイミング

快眠のための入浴のタイミングは、就寝の1~2時間前に。

就寝の1~2時間前くらいに、38度から40度ぐらいのぬるめのお湯にゆっくり浸かるのが理想的です。

ぬるめの温度で入浴すると、リラックス効果が上がり、心身の緊張もほぐすことができます。

副交感神経も優位にしてくれるので、自然と眠気が訪れるようになります。

自律神経

寝る直前の熱いお湯はNG

寝る直前に入浴すると、体が火照ってしまい、寝付きにくくなる恐れがあります。

また、寝る直前に熱いお湯に入ると、体への負担が大きくなるだけでなく、深部体温を下げようとする生体のリズムも妨げることになります。

熱いお湯で、交感神経が優位となるため、体がシャキッとして、体が興奮状態になってしまうため、かえって目が覚めてしまうのです。

どうしても、熱めのお湯に入りたいというときは、就寝の2~3時間前に入浴を済ませるなど、入浴のタイミングの工夫を。

入浴のあと、ベッドに入るまでの時間をゆったり過ごせば、その間に深部体温も下がり、自然な睡眠へつなげることができるでしょう。

冷たい敷きパッドのおすすめPCMは夏の夜を涼しく眠るアイテム

-生活習慣

© 2021 快眠サポート.com