ホルモン

女性ホルモンと女性の睡眠の変化!眠気と不眠の出現

女性ホルモン

女性ホルモンと女性の睡眠の変化!眠気と不眠が出現

女性の体は、女性ホルモンとの関係で、1ヶ月の間で変化が起こります。

女性ホルモンの分泌にあわせて体調に波があるのが女性特有の性質といえます。

そして、女性の眠りについても、1ヶ月の間で変化がおきています。

ホルモンバランスとの関係で、微妙ですが、睡眠にも変化をおこしていると言われています。

月経による女性ホルモンの変化と眠気の増大

女性ホルモンとの関係で、月経前や月経中は、睡眠に乱れが生じやすくなっています。

主に、「眠気が増す」という変化があらわれ、普段よりも、

眠くなりやすい

という変化がおきるようです。

日中にも眠くなってしまうので、睡眠に乱れが生じやすいのです。

女性の睡眠

妊娠中はねむ気が強くなる

同じように、妊娠中の女性にも、眠くなりやすいという睡眠の変化がおきます。

月経前や月経中、妊娠時に眠くなるのは、妊娠や出産に備えるために、女性の体に変化がおきているからです。

妊娠や出産に備えて、体が活動量を減らそうとしているためと考えられています。

これらの女性ホルモンとの関係で起こる女性の睡眠の変化は、自然な体の変化です。

睡眠の変化を気にしすぎずに過ごしましょう。

更年期による女性ホルモンの減少と不眠症状

更年期や更年期以降の女性にも、睡眠の変化を感じる方がおられます。

更年期や更年期以降では、主に、不眠を訴える女性が増えるようになります。

更年期は、閉経前から女性ホルモンの分泌量が不安定になりがちです。

閉経した後は、女性ホルモンの分泌は大幅に減少します。

ホルモンバランスの乱れから、女性の体調に不調が生じやすくなるのは広く知られているところです。

  • のぼせ
  • 発汗
  • 動悸

これら更年期独特の症状などがきっかけとなって、深く眠れないことがおおくなります。

またこの時期は、体調の不調だけでなく、心の状態にも不調が生じやすい時期です。

  • 不安感
  • 気分の落ち込み
  • 憂鬱感
  • 絶望感
  • 喪失感

心とからだ、心身ともに不調を感じやすくなるのがこの時期です。

心身の不調から、ストレスを感じたり、不安感が増して不眠に陥ったりする方もいます。

不眠と心身の不調、気にしすぎは逆効果ですが、心配なときは、更年期の症状を医師に相談するようにしましょう。

-ホルモン

© 2021 快眠サポート.com